前のページへ戻る

夏目漱石の旧居跡

夏目漱石の旧居跡写真

名所(レジャー)

Information

文京区向丘2丁目にあります「夏目漱石の旧居跡」。

 

文豪夏目漱石(1867~1916)の旧居跡。
ここには、イギリスから帰国後の明治36年から3年間住んだ。
この間、東京大学英文科・第一高等学校の講師として活躍する一方、処女作『我輩は猫である』を執筆し、この旧居は作品の舞台となった。
『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』等を次々に発表したところでもある。
なお、家屋は愛知県犬山市にある「明治村」に移築され公開されている。

 

東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩約10分

東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩約8分

  • 夏目漱石の旧居跡画像2
  • 夏目漱石の旧居跡画像3
  • 夏目漱石の旧居跡画像4
  • 夏目漱石の旧居跡画像5

周辺情報

地図やストリートビューが現況と相違する場合は現況を優先させていただきます。

前のページへ戻る